ホーム > 研究成果 > 学会発表 > 日本地震学会

研究成果 

日本地震学会

閲覧する年度を選択

名古屋大学環境学研究科 地震火山研究センター 発表タイトル一覧

2016年
日本地震学会秋季大会プログラム[2016年10月5日(水)-10月7日(金)]
場所:
名古屋国際会議場
演題番号 タイトル タイトル
S01-03 地震計による重力観測点周辺の陸水モニタリングの試み #名和一成・伊藤忍(産総研)・今西祐一(東大地震研)・奥田隆(名大)・田村良明・宮地竹史(国立天文台)・大久保慎人(高知大)・木村武志(防災科研)
S01-P03 地震活動域の能動監視のための自然地震と規則的人工シグナルの分離 #前田裕太・山岡耕春・渡辺俊樹(名大)
S02-P08 The development of advanced algorithm used in data processing for seafloor geodetic observation #Yahsuan Chou・Keiichi Tadokoro(Nagoya Univ.)
S03-07 東北日本における弾性歪み収支 #鷺谷威(名大減災)・Angela Meneses-Gutierrez(名大環境)
S03-08 Detailed Crustal Deformation in Northern Niigata-Kobe Tectonic Zone as Observed by Dense GPS Network #Angela Meneses-Gutierrez・Takeshi Sagiya(Nagoya Univ.)
S03-13 海底地殻変動観測から得られた南海トラフ浅部におけるプレート間固着の把握 #安田健二・田所敬一・谷口颯汰・木村洋(名大環境)・松廣健二郎(名大全学技術セ)
S03-P05 Lithosphere-Asthenosphere Rheology Model based on Postseismic Deformation following the 2012 Indian Ocean Earthquake #Cecep Pratama・Takeo Ito・Ryohei Sasajima(Nagoya Univ.)・Takao Tabei(Kochi Univ.)
S03-P11 1944年及び1946年の南海トラフ地震の余効変動から推定した粘弾性構造 大間俊樹(新日鉄)・#伊藤武男(名大環)
S04-02 沈み込む海洋プレートのBending-Unbending遷移領域の力学モデル #篠島僚平・伊藤武男(名大環境)
S06-P12 弾性波アクロスによるP波およびS波速度変化観測から推定される地下坑道閉鎖に伴う地下水とクラックの挙動 #國友孝洋(名大・東濃地震研)・山岡耕春・渡辺俊樹(名大)・浅井康広・石井紘(東濃地震研)
S06-P18 アクロスを用いた桜島での2015年8月15日マグマ貫入イベントに伴う伝達関数の変化 #渡邊将史・山岡耕春・前田裕太・國友孝洋(名大)・宮町宏樹・八木原寛(鹿大)・生田領野(静大)・為栗健・井口正人(京大)・清水洋(九大)
S08-P13 応力場の時間変化に基づく御獄火山のモニタリング #寺川寿子・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆(名大環境)
S09-05 The distribution of very low frequency earthquakes, and its relation to slow slip events along the Ryukyu trench #Yoko Tu・Kosuke Heki(Hokkaido Univ.)・Masataka Ando(Shizuoka Univ.)・Hiroyuki Kumagai・Yoshiko Yamanaka(Nagoya Univ.)
S09-13 2016年エクアドル地震とエクアドル・コロンビア沈み込み帯における破壊様式 #熊谷博之・吉本昌弘(名大環境)・Wilson Acero・Gabliera Ponce・Freddy V_sconez・Santiago Arrais・Mario Ruiz・Alexandra Alvarado(エクアドル地球物理研究所)・Patricia Pedraza Garc_a・Viviana Dionicio・Orland Chamorro(コロンビア地質調査所)・前田裕太(名大環境)・中野優(JAMSTEC)
S21-04 熊本地震にともなう二重峠地震帯の活動 #中田高・後藤秀昭(広島大)・田中圭(地図センター)・池辺伸一郎(阿蘇火山博物館)・隈元崇・松多信尚(岡山大)・楮原京子(山口大)・渡辺満久(東洋大)・鈴木康弘(名古屋大)・高田圭太(復建(株))
S21-07 熊本地震の地震断層と活断層−提起された課題− #鈴木康弘(名古屋大)・熊原康博・後藤秀昭・中田高(広島大)・渡辺満久(東洋大)
S21-17 2016年熊本地震後のGNSSによる余効変動の観測 #中尾茂(鹿大理工)・松島健(九大理)・田部井隆雄・山品匡史(高知大理)・大倉敬宏(京大理)・西村卓也・澁谷拓郎・寺石眞弘(京大防災研)・伊藤武男・鷺谷威・松廣健二郎(名大環境)・加藤照之・福田淳一・渡邉篤志(東大地震研)・三浦哲・太田雄策・出町知嗣(東北大理)・高橋浩晃・大園真子・山口照寛・岡田和見(北大理)
S21-28* 熊本地震から考える地震学会が社会に果たす役割 #山岡耕春(名古屋大)

*は招待講演