ホーム > 研究成果 > 学会発表 > 日本地震学会

研究成果 

日本地震学会

閲覧する年度を選択

名古屋大学環境学研究科 地震火山研究センター 発表タイトル一覧

2017年
日本地震学会秋季大会プログラム[2017年10月25日(水)-10月27日(金)]
場所:
かごしま県民交流センター(鹿児島市)
演題番号 タイトル タイトル
S02-P07 超磁歪震源による高分解能地下モニタリング #國友孝洋(東濃地震研・名大)・石井紘・浅井康広(東濃地震研)
S02-P08 小型軽量地震テレメータ装置の開発−長 野県南部の地震の余震観測での活用− #堀川信一郎山中佳子寺川寿子前田裕太奥田隆(名大環)・荻原宏 之・柏渕和信・山口充孝・五十嵐竜 也・木村高志(株計測技研)
S06-P11 アクロスを用いて検出した東海地方における地震波速度の経年変化と地震に伴う変化 #辻修平山岡耕春國友孝洋渡辺俊樹(名古屋大・環境)・生田領野(静岡大・理)・吉田康宏(気象大)・勝間田明男(気象研)
S08-14 CMTデータインバージョン法 による応力場の推定と誤差 評価:東北地方太平洋沖地 震前後の応力場の解析例 #寺川寿子(名大環境)
S08-P15 長期的スロースリップイベント(LSSE)の 非断層すべり成分の推定:熱力学的考 察に基づいて #光井能麻伊藤武男(名大地震火山セ)
S08-29 Faulting, stress accumulation and shear localization of a crustupper mantle system with nonlinear viscoelastic material #張学磊鷺谷威(名古屋大学)
S21-P02 準静的応力蓄積計算に基づく南海トラフ地震の動的破壊伝播シミュレーション: 発震位置とマグニチュード #浦田優美(防災科研)・橋本千尋(名大)・福山英一・齊藤竜彦(防災科研)
S22-14 2016年熊本地震後のGNSS による余効変動の観測(2) #中尾茂(鹿大理工)・松島健(九大理)・田部井隆雄・山品匡史(高知大理)・大倉敬宏(京大理)・西村卓也・澁谷拓郎・寺石眞弘(京大防災研)・伊藤武男鷺谷威松廣健二郎(名大環境)・加藤照之・福田淳一・渡邉篤志(東大地震研)・三浦哲・太田雄策・出町知嗣(東北大理)・高橋浩晃・大園真子・山口照寛・岡田和見(北大理)